• 災害拠点病院
  • 地域医療支援病院
  • 厚生労働省指定臨床研修病院

〒349-1105 埼玉県久喜市小右衛門714-6

代表電話0480-52-3611

テキストサイズの変更

HOME >> 診療科部門案内 >> 呼吸器外科

診療部 - 呼吸器外科

スタッフ

副担当部長 宮野 裕
聖マリアンナ医科大学卒
主な診療分野 呼吸器外科・外科一般
認定・専門・指導医 日本呼吸器内視鏡学会気管支鏡指導医
日本呼吸器内視鏡学会気管支鏡専門医
日本外科学会外科指導医
日本外科学会外科専門医
日本呼吸器学会専門医
日本呼吸器外科学会呼吸器外科専門医
臨床研修指導医
緩和ケア研修会修了
医員 光星 翔太
日本大学医学部卒
主な診療分野 外科一般
認定・専門・指導医  
非常勤医師 松本 卓子
東京女子医科大学卒
認定・専門・指導医 日本外科学会外科専門医
日本外科学会外科指導医
日本呼吸器外科学会呼吸器外科専門医
日本呼吸器内視鏡学会気管支鏡専門医
日本呼吸器内視鏡学会気管支鏡指導医
産業医
日本がん治療認定医機構認定医
温泉療法認定医
肺がんCT検診認定医師
非常勤医師 清水 俊榮
富山医科薬科大学卒
認定・専門・指導医 日本呼吸器外科学会呼吸器外科専門医
非常勤医師 荻原 哲
高知大学医学部卒
認定・専門・指導医  

特色・得意分野

 当科では肺がんを含めた肺腫瘍、縦隔腫瘍、気胸、に対する 手術を行っています。呼吸器内科医・放射線科医との連携により、迅速な診断・治療を心掛けています。また、より安全な手術を行うため、東京女子医科大学呼吸器外科 東京女子医科大学東医療センター呼吸器外科と協力し、呼吸器外科医師複数人による手術を行っています。さらに病理医との連携により、確定診断がついていない肺腫瘍の手術時診断が可能です。診断がついていなくても、手術時に肺がんと診断されればリンパ節の摘出・追加切除など、引き続きの肺がん手術を行うことが可能です。
 肺腫瘍に対する手術では主に傷の小さな胸腔鏡手術を行い、肺の部分切除から肺葉切除、区域切除術を行うことが可能です。ただし、進行がんなどの必要時においては標準開胸といわれる大きな傷の手術にも対応します。
 気胸の治療では患者さんの状態により、手術に加えて気管支塞栓や胸腔造影下肺瘻閉鎖法なども積極的に行うほか、癒着治療も行っています。
 縦隔腫瘍でも胸腔鏡手術を積極的に行っていますが、必要に応じ胸骨正中切開の手術も行います。重症筋無力症を合併する患者さんには、当院神経内科と協力し全身管理を行いつつ拡大胸腺摘出術を行っています。

呼吸器外科に通院中の患者さんへ(臨床研究に関する情報)

 

 当院では以下の臨床研究を実施しております。この研究は、通常の診療で得られた過去の記録をまとめることによって行います。このような研究は、厚生労働省の「臨床研究に関する倫理指針」の規定により、対象となる患者さんのお一人ずつから直接同意を得るのではなく、研究内容の情報を公開することが必要とされております。この研究に関するお問い合わせなどがありましたら、以下の「問い合わせ先」へご照会ください。

研究課題名
全国肺癌登録調査:2010年肺癌手術症例に対する登録研究
多施設共同後ろ向き観察研究
研究責任者 松本卓子 呼吸器外科
研究分担者 片桐さやか 呼吸器外科
研究概要
(目的・対象・方法)
【目的】
 原発性肺癌の悪性度は高く、本邦における死因の第1位であり、日本国民の健康福祉の向上のために治療成績の向上が求められます。原発性肺癌の治療には、外科治療、抗癌化学療法、放射線療法がありますが、根治のためには外科治療が必須です。外科治療の成績向上のためには、大規模なデータベースによる治療成績の把握により、外科治療の適応、適切な術式の決定が行われる必要があります。
 本研究の目的は、2010年の原発性肺癌外科治療症例の後ろ向き登録により治療成績を把握することです。さらにその知見をもとに、今後の治療成績の向上に役立てる臨床研究を行い、国内外に発信すると同時に、世界の肺癌治療の成績向上へも貢献することです。

【対象】
 呼吸器外科専門医合同委員会認定修練施設において、2010年1月1日から2010年12月31日のあいだに、原発性肺癌に対する治療目的で行った手術のうち以下を除くすべての症例。
除外基準
リンパ節生検・胸膜生検などの臨床病期決定のための手術。
経気管支鏡による腫瘍切除。
ラジオ波やそのほかの技術による肺切除を伴わない局所療法。
原発性気管癌に対する手術。

【方法】
対象患者が適格基準をすべて満たした症例を、インターネットを使用しオンラインにて登録を行います。
研究の開示  肺癌登録合同委員会は、日本肺癌学会、日本呼吸器学会、日本呼吸器外科学会、日本呼吸器内視鏡学会の4学会が合同で運営され、1998年以来これまでに5回の症例登録事業を行い、学会および学術論文として報告し、肺癌治療の成績向上に貢献してきました。また、当事業の症例データベースは世界肺癌学会のデータベースにも供与され、国際対癌連合(Union internationale contre le cancerあるいはThe Union for International Cancer Control、略してUICC)によるTNM分類の改定にも大いに貢献しています。
本研究結果も同様に公開開示される予定です。
個人情報の扱い  「連結可能匿名化」を行い、個人情報を保護する登録患者の氏名は参加施設からデータセンターへ知らされることはありません。登録患者の同定や照会は、登録時に発行されるIDを用いて行われ、患者名など、第三者が患者を識別できる情報がデータベースに登録されることはありません。
*上記の研究にカルテ情報を利用することをご了解いただけない場合は、以下にご連絡ください。
問い合わせ先 埼玉県済生会栗橋病院 呼吸器外科 松本卓子
TEL:0480-52-3611(代表)