• 災害拠点病院
  • 地域医療支援病院
  • 厚生労働省指定臨床研修病院

〒349-1105 埼玉県久喜市小右衛門714-6

代表電話0480-52-3611

テキストサイズの変更

HOME >> 診療科部門案内 >> 漢方内科

診療部 - 漢方内科

スタッフ

科長 山﨑 麻由子
東京女子医科大学卒
主な診療分野 漢方、腎疾患全般
認定・専門・指導医 日本内科学会認定内科医
日本内科学会総合内科専門医
日本透析医学会透析専門医
日本腎臓学会腎臓専門医
日本東洋医学会漢方専門医
臨床研修指導医

特色・得意分野

漢方は、7世紀頃より中国から伝来した伝統医学をもとに日本人の体質に合わせて改良されてきた伝統医学であり、特に江戸時代に日本独自のもの

として発展してきました。 つまり、漢方は、日本人のためのオリジナルな医学です。

当科で診る病気

皆さんの中には、「なんとなく調子が悪いのに、検査では異常を指摘されなかった」「胃腸の調子が悪いのに、胃カメラの検査をしても異常がないといわれた」などという経験はございませんか? 西洋医学では人間の身体を臓器単位で考えますが、漢方では、「身体と心は一体=心身一如」という考えがあります。同じ症状でも、個々の患者さんを総合的に診て、それぞれの患者さんの体質に合ったお薬を選んで治療していきます。 診察は、問診に加えて、お腹や舌、脈などをみます。 なお、西洋医学的な治療が優先されると判断した場合は、必要に応じて、検査をしたり、他科へご紹介することもございます。

漢方治療が適している疾患は以下のようなものがあります。
◉虚弱体質; 風邪をひきやすい、おなかを壊しやすい、疲れやすい、食欲がない、など
◉婦人科疾患; 月経障害(生理痛、月経不順など)、月経前のイライラや不調、不妊症、更年期障害、冷え症、のぼせなど
◉高齢者の悩み 腰や膝の痛み、足のしびれ、だるさ、こむらがえり、トイレが近い、残尿感など
◉皮膚疾患; にきび、湿疹、じんましん、アトピー、手湿疹、しもやけなど
◉ストレス; イライラ、眠りが浅い、不安、胃の痛みなど
◉その他; めまい、頭痛、胃もたれしやすい、肩こり、西洋医学的治療で副作用が出やすい、など
当院では、漢方エキス剤を用いた保険診療となっております。 何か気になる症状等、ございましたらお気軽にご相談ください。

受診について

毎週 月・水曜 14:00~16:30  
※漢方外来は完全紹介型予約外来です。
●初診でご予約された方は問診票をダウンロードし、内容をご記入の上、診察時にお持ちください。※問診票は外来にもございます。  
漢方外来問診票ダウンロードはこちら(PDF100KB)
ご不明な点は内科スタッフまでお問い合せください。