menu

SENIOR NURSE

先輩看護師の声

時短看護師

仕事と子育ての両立はできていないけど、働ける環境があるから頑張っていけます。

H.S

  • 時短看護師(循環器科病棟担当)

現在の仕事内容を具体的にお聞かせください。

  • 患者さんとのコミュニケーション、体位交換、食事介助、清拭介助、採血、静脈注射、リーダー業務、学生指導、カテーテル出し、検査出しなどです。

代表的な1日の仕事の流れをお聞かせください。

9時~17時までの時間短縮制度を利用しています。月2回、16時間夜勤をしています。
9時から患者さんへあいさつをして、全身状態を観察しながら、点滴交換や採血にまわり、検査に呼ばれたら介助をします。すべての患者さんをまわり、記録や、他のスタッフの手伝いにまわり、昼食介助をして、午後からは検温や、心臓カテーテルの検査の入室、帰室後のバイタルサインを測りながら状態を観察し、記録を終了させ、コストのもれを最終チェックし、夜勤者のラウンド前に患者さんの最終確認、体位交換、あいさつを行い、業務が終了となります。

仕事の面白さ、大変さとは何ですか。

大事に関わった分だけ、患者さんからの反応(回復できたり、嬉しい言葉をもらったり)をダイレクトに受け取れるところ。病気を抱えた患者さんを全人的に看るというところが大変です。

仕事を楽しむということは、どういうことだと思いますか。

自分も楽しんでやるということだと思います。起きている現象に対して何でこうなるのかを、根拠を探しながら仕事をしていく、学んでいくことだと思います。

入職後の経験をすべて振り返ってください。その中で、自分を変えた、自分を 成長させた体験エピソードをお聞かせください。

回腸導管造設術を施行した患者さんを初めて受け持ち、セルフケア獲得に向け、ストマ交換の指導を行っていました。私は、自宅に帰ってからのことばかり考え、必死になって指導をしていたのですが、患者さん自身は、休みたい、ゆっくりしたいという気持ちが大きかったのにそれをくみ取ることができず、患者さんからは気が利かない、配慮がないと言われたことがありました。

患者さんを全人的に看ると言うことの大切さや、思いやり、気遣いが看護師には大きく占めるのだと改め直し、それからは、患者さんを取り巻いている事柄や、患者さん自身を観察し、察していくことに重点を置くようになっていきました。今は、カーテンの開け閉めや、声のトーン、退室時の靴の位置、何か気になることはないかと聞くようになりました。


TOP