menu

SPECIALIST

認定看護師

がん性疼痛看護認定看護師

最後まで、逃げない。

金子 京子

  • がん性疼痛看護認定看護師

認定看護師を取得しようとした理由をお聞かせください。

  • あるがん患者さんに出会ったことがきっかけです。

現在取得している認定看護師の役割・仕事内容についてお聞かせください。

一つめは、がん性疼痛を有する患者の身体面・精神面・社会面・スピリチュアルな面を総合的に判断し、個別的なケアを考え、実践します。二つめはがん性疼痛に用いる薬剤を適切に使用し、その効果を評価します。そして他職種と協力しながらこれらを実践します。

またそのほかには、緩和ケアチームの運営や看護部緩和委員会の運営などがあります。

認定看護師を取得後は自分自身にどのような変化がありましたか。

「よくわからないけど痛そうだ」ではなく、解剖学的見地から痛みのメカニズムを考えるようになりました。

認定看護師の資格を使って、今後どのような看護活動をしていきたいと思いますか。

当院における緩和ケアの浸透が大きな目標です。また患者さんの訴える「痛い」を表面的に捉えるのではなく、全人的にアセスメントが行えるような看護師の育成を目指します。


TOP