menu

NURSING SYSTEM

チーム医療について

 

 

 

当院では、多職種連携でチーム医療に取り組んでいます。

専門領域に特化したスタッフが連携し、患者さんの回復に向けた医療活動を提供しています。

 

 

緩和ケアチーム

  • 病気を抱えた患者さんの体や心の苦痛を和らげ、意向に添った日常生活を送れるよう援助します。がんと限らず人工透析を受けている方や慢性心不全・慢性呼吸器疾患、そのほかの疾患の方も対応いたします。患者さんを支えているご家族への支援も行っています。主治医・病棟の看護師と協力してサポートを行います。

褥瘡回診チーム

  • 院内を多職種によるメンバーでラウンドし、褥瘡患者に対する予防・治療・評価および実践を行っています。褥瘡に関する勉強会も行っています。

栄養サポートチーム(NST)

  • NST(栄養サポートチーム)とは、入院患者さん個々に最適な栄養管理を行うこと目的に構成された、医師・看護師・薬剤師・管理栄養士・臨床検査技師・言語聴覚士・事務などによる多職種のチームです。NSTでは、嗜好、嚥下機能、食事摂取量、検査値、皮膚の状態などをモニタリングすることによって患者さんの栄養状態を評価させていただき、より良い栄養サポートができるよう週1回院内ラウンドを行っています。

呼吸ケアサポートチーム

  • 呼吸器内科医師、理学療法士、臨床工学技士とともに週に1回、一般病棟で人工呼吸器を装着中の患者さんへのラウンドを行っています。

    何よりも患者さんに安全な呼吸管理を行い、人工呼吸器の早期離脱を目指して活動しています。

嚥下サポートチーム

  • 障害や誤嚥性肺炎の患者さんの嚥下ラウンドを行っています。言語聴覚士・摂食嚥下障害看護認定看護師で嚥下機能評価を行い、作業療法士がポジショニングや食事動作で介入、事務とともにチームアプローチを行っています。

    また口腔ケアラウンドを行い、口腔衛生のチェックを週1回行っています。各病棟にリンクナースがおり、病棟単位で口腔ケアの質の向上のため活躍しています。

肝炎対策チーム

  • ウイルス性肝炎(B型・C型肝炎ウイルスによるもの)は、国内最大級の感染症と言われ感染しても自覚症状が少ないため、重症化するまで気が付かないことが多い病気で、適切な治療を行わないまま放置すると、将来、肝硬変や肝臓がんになる可能性があります。

    近年、慢性肝疾患の大半を占めていたC型肝炎に対する治療法が劇的に進歩し、C型肝炎は「治らない疾患」から「治る疾患」になってきました。

    肝炎治療医療費助成制度によって、高額な治療薬も手の届くものになり、積極的な治療の導入により、近い将来、肝がん死亡の減少が期待されています。

    当院では、多職種(医師・看護師・臨床検査技師・栄養士・医療秘書)による肝炎対策チームを組織し、肝炎ウイルスに感染した方や、肝炎に罹患した方に対して様々な相談に対応するなど、安心して生活できる環境作りに取り組んでいます。


TOP