menu

薬剤科

概要

特徴

  • 当院は1989年(平成元年)7月1日に開設し、30年を目前に迎えようとしています。振り返りますと病床は100床から、薬剤師数は4名からのスタートでした。「薬に対しては最後まで責任を」をモットーに、開院当初から病棟業務の準備を始め数年後に実施し、2012年に「病棟薬剤業務実施加算」が新設される以前より各病棟に薬剤師を配置しておりました。その後も薬に対する責任をより深めながら現在に至っております。 近年医薬分野の進展にともない、薬剤科の役割も大きく変化しております。開院当初は調剤室にこもり、外来調剤中心の業務でした。2001年4月から医薬分業が開始となり入院患者さん中心の業務へと移行し薬剤管理指導・抗がん剤のミキシングなどさまざまな業務を拡大してきました。今日では薬剤師も患者さんを始め医師・看護師・そのほか医療スタッフにも「顔が見える薬剤師」として、病棟にも積極的に関わり医薬品適正使用、さらには安全管理に関して重要な役割を担い、チーム医療の一員として奮闘しております。これからも患者さん中心のよりよい医療が実践できるよう努めてまいりますのでよろしくお願いいたします。

     

    薬剤科科長  曽我部 直美

目標・方針

1. 薬剤の知識の習得に努め、多職種連携による「チーム医療」を行います。
2. 医療安全に留意し、安心して服用していただける薬剤の提供をします。
3. 薬剤のことには最後まで責任を持ちます。
4. 薬剤の適正使用に努めます。
5. ワークライフバランスを大切にします。

診療体制

薬剤師 24名

事務員 2名

医療機器

パイルパッカー

  • 1回に錠剤の半分を服用する指示があった場合に、錠剤を割って1回ずつにパックする機械です。

    パイルパッカー

散剤鑑査システム(バーコードリーダー、電子天秤)

  • 薬の瓶にあるバーコードを読み取り、処方せんに記載されている薬と間違いないかをチェックするシステムです。電子天秤とも連動しており量り間違いのチェックも同時に行います。

    散剤鑑査システム

散剤分包機

  • 分包された薬には、1包ずつすべてに患者さんの氏名、薬の名称・1回量が印刷されます。

    散剤分包機

自動錠剤分包機

  • 服用する薬の種類や数が多い場合に、1回に服用する薬を1包ずつに分包(一包化調剤)する機械です。

    自動錠剤分包機

業務内容

調剤室

  • 調剤室では、主に入院患者さんの薬を調剤しています。医師が電子カルテに処方を入力すると、調剤室にあるパソコンを経由して、専用のプリンターから処方せんや薬袋が印刷されます。印刷された処方せんの内容を確認し(処方鑑査)、処方に疑義があれば電子カルテ上で確認をしたり、処方医師へ問い合わせを行います(疑義照会)。調剤を行い、さらにもう一度確認(鑑査)して、処方のお薬ができあがります。

    1日に約190枚の入院処方せんの調剤をしています。

    内服薬(錠剤、散剤、水剤など)や外用薬(目薬、貼り薬、塗り薬、吸入薬、坐薬など)、一部の注射薬(インスリン、成長ホルモン注射など)を取り扱っています。

外来の薬局窓口

  • 調剤されたお薬、検査薬や血糖測定器などについて説明をし、外来患者さんへお渡ししています。また、お薬に関するご相談もこちらの窓口で随時受け付けています。

注射室

  • 病棟などへ注射薬の供給を中心に行っています。用法用量などの適正使用をチェックして、翌日使用分を個人ごとに一施行セットして払い出しを行います。電子カルテから疾患や既往歴、薬歴、検査データやバイタルを確認することによって、より臨床的な適正使用をサポートできるよう努力しています。入院注射薬は電子カルテのシステムから出力される処方せんとラベルシールをもとに調剤と鑑査を行います。各部署の汎用薬や緊急性の高い薬剤は定数配置として病棟薬剤師、看護師と連携して適切な管理を行っています。さらに在庫管理と品質管理の観点から、定期的に注射室、全部署の棚卸し、期限チェックを行っています。また当院は災害拠点病院に指定されているため、災害時に備えた注射薬の備蓄も行っています。

    注射室

無菌調製

  • 高カロリー輸液(TPN)は、感染を最小限に減らすことを目的としてより清潔な環境のもとで調製を行っています(1989年7月開始)。また調製前には、併用注射薬による配合変化や力価低下、注射薬混合による沈殿・色着などの外観変化に関する配合変化のチェックを行っています。1993年には無菌製剤処理加算の承認を得て、2台のクリーン・ベンチを設置したクラス1万以下の無菌室を整備し、より無菌的な環境下で調製を行っています。

    無菌室内のクリーン・ベンチ

院内製剤

  • 当院の製剤業務は大きく分類すると、個々の患者さんの多様な病態やニーズに対応する特殊製剤の調製と、調剤業務の効率化を図るための予製剤の調製に分けられます。 特殊製剤の調製では、検査や治療のあらゆるニーズに応えるため、市販化されていない製剤のうち承認・承諾を得られたものに関して、薬剤や試薬を用いて調製を行っています。当院では約40種の特殊製剤を医師や各病棟、診療科からの依頼により調製しています。

    予製剤の調製では、頻繁に処方される約束処方について安定性を考慮した上であらかじめ調剤しておき、業務の効率化を図っています。薬剤師の職能を活かした質の高い製剤を調製していくことを心がけています。

抗がん剤調製

  • 当院における抗がん剤治療は呼吸器内科、消化器内科、泌尿器科、外科、脳神経外科、血液内科で行われています。入院中の患者さんや外来通院中の患者さんにおける点滴抗がん剤を薬剤科にてすべて調製を行っており、1ヶ月における抗がん剤治療の件数は221件(2017年10月現在)前後となっています。 その他にも、外来にて抗がん剤治療が開始になる患者さんやご家族に対して、抗がん剤の副作用や生活する上での注意点、例えば食事の方法や副作用の予防方法について、担当の薬剤師が説明しながらサポートをしています。特に外来通院中の患者さんは入院中の患者さんとは異なり、自宅での生活に不安を抱えることがあります。自宅からでも私たち薬剤師に連絡をとれるようにスタッフ一同で対応し、患者さんひとりひとりと向き合うため日々、努力しています。

    抗がん剤調製 安全キャビネット

医薬品情報管理室

  • 医薬品が適正にかつ安全に使用されるためには、医薬品に関するさまざまな情報が必要です。医薬品情報管理に携わる薬剤師は、毎日多くの書籍やインターネット、文献などから情報を収集・整理して、医薬品情報をわかりやすく加工し、医療現場に提供しています。これを医薬品情報(DI:drug information)業務といいます。当院では、外来や病棟での医薬品の問い合わせ対応や、医薬品に関する資料作成を専従の薬剤師を配置して行っています。

    DI掲示板

  • また、患者さんに対して話題性のある薬の情報紙『おくすりのおはなし』を定期的に発行しています。外来会計待合室や内科待合室、薬剤科窓口に置いてありますので、興味がありましたらぜひ手に取って読んでみてください。

    3ヶ月ごとに院内スタッフ向けに発行

  • 薬 定期購読雑誌

    定期購読雑誌 最新のトピックで自己研鑽に役立てています。

  • 薬  薬剤ごとに、添付文書・インタービューフォーム・資料

    薬物ごとに、添付文書・インタービューフォーム・資料をファイリングしています。

病棟での業務

  • 当院では1992年から一部の病棟で薬剤管理指導業務(服薬指導:入院患者さんへのお薬の説明・指導)を開始し、翌1993年からはICUを除く6病棟に5~6人の薬剤師を兼任で配置してきました。2002年に外来処方が全面的に院外に移行したことを契機に、病棟における薬剤管理での薬剤師の必要性に応えるべく専従配置としています。
    2012年からはICU(現在はHCU)にも専従の薬剤師を配置し、2017年12月現在では8~9人の病棟専従薬剤師を配置し、HCUを含む7病棟全てに薬剤師が常駐しています。

    病棟業務の内容は多岐に渡ります。入院患者さんの薬の管理、配薬(薬の個人別セット)業務の全般を薬剤師が行い、患者さん個々の投薬状況を適時把握することによって、投薬過誤の回避、適正使用に貢献しています。持参薬においても薬剤師が最終的な鑑査、カルテ上への入力、配薬を行っており、中止すべき薬剤や剤形変更が必要な薬剤の確認、再調剤、採用薬への継続指示など薬剤師の役割は大きいです。そのほか、ストック薬や救急カート薬剤の適切な管理、運用にも関わっています。服薬指導件数は1000件/月を目標に指導率100%を目指しています。患者さんに寄り添った服薬指導を志し、退院時に「ありがとう」と言っていただけることに喜びを感じることができます。

    薬剤師が病棟に常駐することによって、医師、看護師を始め他職種から質問や相談を受けることも多く、また処方内容の提案や積極的な患者さんへの介入も増えてきており、病棟における薬剤師の存在意義は大きいと考えています。ただし、まだまだ他職種からの要望も多く実施できていない部分もあり、これからも病棟薬剤師としてさらなるニーズに応えていく必要があります。「すべては患者さんのために」をモットーに努力し続けたいと思います。

資格・学会発表・論文

資格

認定・資格 人数
がん薬物療法認定薬剤師 3
外来がん薬物療法認定薬剤師 4
感染制御認定薬剤師 2
緩和薬物療法認定薬剤師 2
漢方薬・生薬認定薬剤師 2
小児薬物療法認定薬剤師 1
日本化学療法学会抗菌化学療法認定薬剤師 1
糖尿病療養指導士 2
NST専門療法士(薬剤師) 3
日本薬剤師研修センター実務実習指導薬剤師 5
日本病院薬剤師会生涯研修認定薬剤師 3
日本病院薬剤師会実務実習指導薬剤師 1
スポーツファーマシスト 1
医療安全管理者(研修プログラム修了) 3
薬学修士 8
医療経営士(2級) 1
医療経営士(3級) 1
作業環境測定士 1
生涯研修認定薬剤師 13
埼玉DMAT 1
腎臓病療養指示士 1
肝炎コーディネーター 1

学会・研究会・勉強会発表

2017年度

2017/1/18 骨折と骨粗鬆症 当院
2017/1/29 済生会栗橋病院におけるAntimicrobial stewardshipの実践 済生会学会
2017/1/29 50%Mohs軟膏とFEC療法の併用によって自壊部の局所制御に効果があった症例 済生会学会
2017/2/24 高カロリー輸液処方への介入方法の検討 第32回日本静脈経腸栄養学会学術集会
2017/3/18 高齢者の胃がんに対するS-1+Cisplatin分割療法における有効性と安全性の検討 日本臨床腫瘍薬学会 2017
2017/3/18 50%Mohs軟膏とFEC療法の併用によって自壊部の局所制御に効果があった症例 日本臨床腫瘍薬学会 2017
2017/3/23 分子標的薬皮膚障害の支持療法について 第2回久喜市薬薬連携研修会
2017/3/23 検査値の見方と副作用評価のポイント 第2回久喜市薬薬連携研修会
2017/4/10 注射薬を安全に使うために 知っておこう!注射薬のこと 当院新人看護師
2017/5/16 抗菌薬のアレルギー歴がある場合の術後感染予防抗菌薬の選択について ope室
2017/5/27 当院におけるDI業務 全国済生会病院薬剤師研修会
2017/6/4 医薬品副作用データベースに基づく薬物の抗コリン性副作用の主成分分析による評価 第11回日本緩和医療薬学会年会
2017/7/1 乳がん領域における内服抗がん薬のマネジメントと時施設における薬学的介入 埼玉県がん薬物療法認定薬剤師
2017/7/7 入退院支援課における薬剤師業務の評価 第19回日本医療マネジメント学会学術総会
2017/7/19 みんなで取り組むASP 東埼玉総合病院
2017/7/22 抗コリン作用予測への化学構造情報の適用の検討 第3回日本医薬品安全性学会学術大会
2017/8/27 疑義照会内容と保険薬局所在地の分析による院外処方箋の問題点の検討 日本病院薬剤師会関東ブロック第47回学術大会
2017/10/4 医薬品の副作用データに基づく定量的構造活性相関(依頼発表) CBI学会2017年大会
2017/10/15 薬剤師の目線から考える漢方治療 埼玉県薬剤師会
2017/10/21 大腸がん術後補助療法における末梢神経障害の症状持続期間 癌治療学会
2017/10/25 救急カート薬剤について 当院東3階看護師
2017/11/5 薬薬連携に於ける病院薬剤師の役割 ~化学療法を通して~ 第23回埼玉県薬剤師会学術大会
2017/12/1 院内呼吸器リハビリ研修会 当院看護師

2018年度

2018年4月5日 病棟における薬剤師の役割 城西大学
2018年4月9日 注射薬を安全に使うために 知っておこう!注射薬のこと 院内 看護師勉強会
2018年5月22日 入退院支援センターにおける当科の取り組み Sky Tree Line Pharmacist Connection
2018年5月25日 薬との上手な付き合い方・専門用語の解説 医療市民マイスター講演会
2018年8月17.20.31日 インスリンの適正利用 院内 医療安全研修会
2018年9月12日 緩和ケア講習会 院内 看護師勉強会
2018年9月12日 麻薬・レスキュー薬使用方法 院内 看護師勉強会
2018年11月25日 入退院支援センターにおける薬剤師の業務構築と評価 ~プレアボイド報告を中心に~ 第28回日本医療薬学年会
2018年11月26日 AST委員会について 院内 AST講演会
2018年11月26日 新しい抗インフルエンザ薬 ゾフルーザについて 院内 ICT講演会
2018年11月30日 今、病院薬剤師に求められること 明石市立市民病院
2018年12月18日 呼吸器リハビリ勉強会 院内 看護師勉強会
2018年12月27日 Clostridium difficile感染症 診療ガイドライン 院内 AST講演会

薬学生の方へ

当院では、薬学部が4年制の時代から学部生や修士課程の学生を多く受け入れてきました。薬学部が6年制に移行してからは、モデル・コアカリキュラムに基づいた実務実習を実施しています。地域医療支援病院である当院においては、脳卒中・がん・心血管疾患等をはじめとするcommon diseaseを学ぶことができます。
病院薬剤師の業務は専門化が進んでいますが、実習生にもその意義や役割を理解していただくために、資格取得者等による実習生向けの各専門領域の勉強会や院内専門チーム活動に参加していただいています。さらに現在は、患者さんをはじめ他部署スタッフのご理解とご協力のもと、平成31年度からの新カリキュラムの内容を盛り込んだ、より実践的な臨床対応能力を身に付けられるような実習プログラムへ順次移行中です。病院薬剤師を目指している方はもちろんですが、これからの地域医療の担い手として必要とされる保険薬局の薬剤師(かかりつけ薬剤師)を目指す方にも役立つような実習プログラムを検討しています。
進路に関わらず、積極的に学ぶ意欲のある方に実習してもらいたいと考えています。

受け入れ人数:各期6名(年間18名)

 

受け入れ大学実績(6年制移行後

  • 城西大学
  • 日本大学
  • 日本薬科大学
  • 星薬科大学
  • 武蔵野大学
  • 明治薬科大学(50音順)

認定実務実習指導薬剤師:5名

 

実習内容
・ モデル・コアカリキュラムに基づき、薬剤科と病棟を2.5ヵ月かけてローテーションします
・ 薬剤科以外の部署見学 (栄養科、臨床検査科放射線技術科臨床工学科リハビリテーション科、図書室、手術室、治験委員会、薬事審議会など)
・ 専門チーム活動への参加 (Infection control team、Nutrition support team、Palliative care team)
・ 実習生向け専門領域の勉強会 (治験、感染対策・TDM、緩和ケア、がん化学療法、栄養管理、注射薬・薬事審議会、DPC・後発品、医療安全)
医療安全対策室看護師の講義

早期体験学習

当院では、薬学部1年生の早期体験学習を受け入れています。薬剤科の業務内容の説明や、病院内の各部署の見学を行っています。

受診について

受付時間

初診・他科初診 8:00~11:00
再     診 8:00~11:00
紹 介 受 診 8:00~11:30
予約がある場合は、
指定の時間にご来院下さい。
外来診療日程表

休診日

土曜日・日曜日・祝日・開院記念日(7/1)年末年始(12/29-1/3)

面会時間

12:00~20:00

休日・
時間外診療

休診日・夜間は、救急対応となります。
人間ドック・健診 空き状況確認・予約


TOP