menu

栄養科

概要

栄養科の運営

  • 33080-1

栄養管理業務では、栄養管理の必要な患者さんに対して栄養状態の改善に介入できるよう、診療科別に担当管理栄養士を配置しています。
栄養食事指導では、日常の食生活の聞き取りを行い継続可能な支援を行っています。

 

入院食では、医師の指示をより適切に患者さんの状態にあわせた個人対応ができるよう成分栄養管理を実施しています。また、食事の楽しみの面では一部の特別食を含め毎日朝・夕のセレクト献立を実施、年25回程度の行事食、季節食を取り入れています。

 

平成22年には、優良特定給食施設として「厚生労働大臣表彰」をいただきました。

※患者給食は日清医療食品(株)北関東支店が請け負っています。

方針

<栄養科の理念と基本方針>

 

済生の精神に基づき、院是の「心」を念頭に置き、お互いに協力し、各自の力を出し合い、患者さんへのサービス向上のための改善計画を持ち、実行します。

 

1. EBMに基づいた栄養評価・栄養プランの提案のできる、医療現場で求められる臨床管理栄養士を目指す
2. 病状に合わせた食事の提供と質の向上、安全・安心な食事を提供する

 

病院給食の目的

 

病院の食事は、疾病の治癒および治療効果を上げるために患者さん個人にあった食事内容を医師の指示の基に提供し、食品衛生、嗜好、調理・盛り付けに配慮し、患者のQOLの改善に努めることを目的とする。

展望・目標

栄養の世界では「腸が使えるなら腸を使え」が常識となってきました。なぜなら、免疫の90%は腸が担っているからです。食べるとは人を良くすると書き、栄養は全ての治療の基礎となるのです。

 

「病院食だから美味しくなくても仕方ない」ではなく、病院食はあくまで治療のアプローチのひとつであって医療行為として位置づけられるよう日々試行錯誤し、安心・安全・正しい給食の提供のために努めていきたいと思います。

診療体制

スタッフ人数 6名

業務内容

入院時の栄養管理

入院時の栄養評価、口から食べることの困難な場合の栄養剤の調整など入院時の食事内容と栄養状態の把握を含めた栄養ケア業務になります。

 

身体測定や問診による栄養評価
栄養ケアプランの作成・提案とケアの実施
経腸栄養剤の投与プランの作成
食事形態の調整、食物アレルギーなどの個人対応
入院時、退院前の栄養指導
入院食の説明
入院食の献立作成

  • 身体測定①
  • 身体測定②

外来時の栄養指導

  • 糖尿病や心・腎・肝疾患で長期にわたって食事療法を必要とする方には、普段の食生活や生活のスタイルから実行できる範囲で具体的な食事の内容や食生活の方法をともに考え、継続可能な栄養指導を実施しています。

     

    「食べて動く」日常生活では当たり前のことですが、入院した途端に機能しなくなる状況に出会うことも少なくはありません。食べるとは人を良くすること、食べることは生きること、栄養は全ての治療の基礎となります。

     

    栄養不良の方はもちろんのこと、治療により食欲不振・喫食量低下した方のサポートをしています。
    口から食べることが困難な場合、管を使用して鼻や胃から栄養剤の投与をします。栄養剤選択から投与方法など、栄養状態を把握したうえで、食事内容の調整をしています。

認定・資格

認定・資格 学会・協会 人数
栄養サポートチーム(NST)専門療養士 日本静脈経腸栄養学会 2
静脈経腸栄養管理栄養士(TNT-D) 日本栄養士会 3

その他

平成26年度 市民公開講座 慢性腎臓病セミナー 講演「腎臓にやさしいお食事について」

平成28年度 市民公開講座 慢性腎臓病セミナー 講演「塩分制限はどうして必要なの?」

  • 平成29年度 久喜市の食育セミナー派遣
    院外報 減塩レシピ担当

    栄養士・管理栄養士育成校実習受け入れ状況(平成29年度)
    ・晃陽看護栄養専門学校 3名
    ・東京家政大学     3名
    ・東洋大学       2名

    久喜市の食育セミナー派遣

受診について

受付時間

初診・他科初診 8:00~11:00
再     診 8:00~11:00
紹 介 受 診 8:00~11:30
予約がある場合は、
指定の時間にご来院下さい。
外来診療日程表

休診日

土曜日・日曜日・祝日・開院記念日(7/1)年末年始(12/29-1/3)

面会時間

12:00~20:00

休日・
時間外診療

休診日・夜間は、救急対応となります。
人間ドック・健診 空き状況確認・予約


TOP