menu

小児科

診療科の概要

特色

オールラウンドな診療を行いますが、血液疾患・悪性腫瘍、先天性心疾患や児童精神などの専門的な加療が必要な疾患は、専門施設に紹介依頼いたします。

治療方針

小児期の疾患の診断・治療や発達などの相談を中心に診療しています。

展望・目標

当院の診療圏は、決して子どもたちの診療施設の多い地区ではありません。したがって、発熱や風邪ひきから、入院治療の必要なお子さんまで、すべての疾患の対応に努めます。 夜間急病診は、当院と土屋小児病院(久喜市)、羽生総合病院(羽生市)の3病院で輪番体制を組んで行っています。救急対応については平日の診療時に担当医師にお尋ねください。どうぞ、ご理解とご協力をお願いいたします。 ご紹介いただいた医療機関には、外来診療や入院治療の内容を報告いたします。常に地域診療所との良好な連携に努めます。

診療体制

主な対象疾患

  • 哺乳不良/体重増加不良

  • 発熱性疾患

  • 発疹症

  • 呼吸器疾患(肺炎・急性気管支炎・喉頭蓋炎)

  • アレルギー性疾患

  • 食物アレルギー(気管支喘息・アトピー性皮膚炎など)

  • 消化器疾患(急性胃腸炎便秘症炎症性腸疾患など)

  • 腎疾患(尿路感染症・ネフローゼ・おねしょ・学校検尿異常)

  • 免疫疾患(川崎病・IgA血管炎など)

  • けいれん性疾患(熱性けいれん・胃腸炎関連けいれん)

  • 神経/筋疾患(てんかん・偏頭痛・発達の遅れなど)

  • 心疾患(心雑音・不整脈

  • 内分泌疾患(低身長・小児成人病)

  • リウマチ性疾患(若年性特発性関節炎、若年性皮膚筋炎など)

治療・検査内容

治療内容

<急性疾患の治療>

・感染症、呼吸器疾患

・川崎病:免疫グロブリン療法、ステロイド療法      など

<慢性疾患の治療>

・アレルギー、神経疾患

・低身長:成長ホルモン補充療法

・ネフローゼ症候群:ステロイド療法

・先天代謝異常症(ファブリー病など):酵素補充療法     など

検査内容

・各種画像検査、心電図、脳波検査

・低身長:成長ホルモン分泌負荷試験

・食物アレルギー:食物負荷試験

そのほか、疾患に応じ、必要な検査をいたします。

診療実績

外来・入院患者数

指標 2012年度 2013年度 2014年度 2015年度 2016年度 2017年度
外来患者数 5,909 5,935 6,245 7,189 7,514 6,813
入院患者数 768 684 629 737 627 500
平均在院日数 4.7 5.0 4.5 5.1 5.7 3.9

疾患別退院患者数

DPC疾患コード(MDC6)により集計、数字は延べ退院患者数

疾患名 2014年度 2015年度 2016年度 2017年度
肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎 65 152 163 153
喘息 294 250 229 99
ウイルス性腸炎 48 38 42 64
上気道炎 16 31 31 53
扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎等 44 33 33 24
腎臓または尿路の感染症 5 5 1 13
てんかん 6 8 1 6
急性副鼻腔炎 4 2 13 5
熱性けいれん 5 3 5 5
食物アレルギー 20 30 14 5
下垂体機能低下症(成長ホルモン分泌不全性低身長症等) 24 38 19 4
脳脊髄の感染を伴う炎症 1 5 2 4
中耳・乳様突起の疾患 0 2 2 3
川崎病 17 9 8 3
リンパ節、リンパ管の疾患 0 1 2 2
顔面神経障害 2 0 0 2
ネフローゼ症候群 1 0 0 2
片頭痛、頭痛症候群(その他) 2 1 5 2
気管支狭窄など気管通過障害 0 1 0 1
劇症肝炎、急性肝不全、急性肝炎 0 1 0 1
2型糖尿病 0 1 1 1
食道、胃、十二指腸、他腸の炎症(その他良性疾患) 7 7 2 0
アレルギー性紫斑病 7 13 3 0
慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 4 1 2 0
出血性疾患(その他) 1 1 0 0

こどもの気になる症状こんなとき

済生会栗橋病院小児科病棟のナースが、こどものさまざまな”気になる症状”について、家庭でできる対処法をお教えします。

病院にかかる前に、ぜひ一度ご家庭でご確認して、実践してみてください。

個々の症状や病気についての、電話やメールでのお問い合わせには、お答えできません。ご了承ください。 

スタッフ紹介

  • 副担当部長

    岸 崇之(きし たかゆき)

    日本大学医学部卒
    専門
    小児科一般
    認定・専門・指導医
    医学博士
    日本小児科学会専門医
    日本小児科学会指導医
    日本小児神経学会専門医
    日本リウマチ学会専門医
    臨床研修指導医
    緩和ケア研修修了(CLIC)
  • 科長

    大谷 ゆい(おおたに ゆい)

    東京女子医科大学卒
    専門
    小児科一般
    認定・専門・指導医
    日本小児科学会専門医
    臨床研修指導医
    日本医師会認定産業医
    「こどもの心」相談医
    PALSプロバイダー
  • 医長

    橋本 和典(はしもと かずのり)

    山梨大学医学部卒
    専門
    小児科一般

受診について

受付時間

初診・他科初診 8:00~10:00
再     診 8:00~10:00
紹 介 受 診 8:00~11:30
予約がある場合は、
指定の時間にご来院下さい。
外来診療日程表

休診日

土曜日・日曜日・祝日・開院記念日(7/1)年末年始(12/29-1/3)

面会時間

12:00~20:00

休日・
時間外診療

休診日・夜間は、救急対応となります。


TOP