menu

臨床研修センター長からのメッセージ

研修医として最適なスタートを切れる環境があります。

  •  

     

     

     

     

     

    臨床研修センター センター長

    福屋 裕嗣 Yuji Fukuya 

 

 

当院の臨床研修センターのウェブサイトをご覧頂き、誠にありがとうございます。臨床研修センター長の福屋です。

初期研修の2年間は、臨床医としての実力をつけるうえで、とても重要な時期で、ここでスタートダッシュできるかどうかが今後の医師人生に大きな影響を与えると思います。その意味で、当院は、常勤医師が若手から中堅 ベテランまでバランスよく存在し、東京女子医大をはじめとした各大学の医局から、後期研修医やスタッフの派遣が定期的にあるため、活気あふれた環境で、質の高い研修ができると思います。

経験できる症例も非常に豊富で多岐に渡り、かつ研修の早い時期から様々な手技を経験することができます。救急疾患も多く、救急専門医も在籍しているため、専門的な技能を習得するとも可能です。

また女性医師が多いのも特徴で、子育て(男性女性医師問わず)と仕事の両立をされており、将来のロールモデルになるのではないでしょうか。

2022年度には病院も新しくなる予定ですので、是非当院で臨床研修をしてみませんか。医師一同お待ちしています。

 

 

 

 

診療科を超えての勉強会を実施しています。

医師に限定せず、多職種の職員がガイドライン学習・症例検討会の勉強会に参加しています。

  • (写真)ガイドライン学習・症例検討会の様子

    (EBM委員会主催)

entry見学お申込み・エントリー

こちらのページより、病院見学のお申し込み、採用に関するお問い合わせが可能です。

見学お申し込み・エントリー


TOP